上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも気分が優れないユウ太。。。



ハムちゃんを亡くしてしまったこともあるけど
仕事が決まっていないというのも原因だと思います。



前の会社から昨日の午後、書類が届きました。
源泉徴収票と退職証明のみでです。
離職票は未だ手続き中とのことです。
また、退職証明に関しては項目に不備がある為
ユウ太が記載してもらいたい内容を全て記した物を
新しく発行してもらえるようにします。





ユウ太は月曜日に労働基準監督署に行ってきます。
社名を言い退職証明書が速やかに発行されなかったことと
記載内容が不備だらけなことと離職票が1ヶ月を過ぎても
未だ手続き中ということはどういうことなのか調べてもらいます
社会保険労務士に会社がいつお願いしたのか?
それが遅かったら会社に非があると思います。
すぐに社会保険労務士にお願いしたのに未だ出来てないなら
社会保険労務士に非があると思ったからです。

それから健康診断のことは言うことにしました。
前の会社は50代、60代で働いている人がたくさんいました。
30代、40代の人は気にはなっても、健康診断はまぁ良いやと思う人もいる
でしょうが50代、60代の人は体調のことが気になる人も多いと思います。
労働基準監督署から会社が調査か臨検を受け、毎年やってないのを認めれば
是正勧告され毎年やることになるでしょう。もしも、やってると嘘をついたら何処の
医療機関でやっているのかを聞いてもらえば嘘はバレます。嘘をついた場合、
会社が負担することになってる健康診断費用が問題になります。やってないのに
健康診断費用として計上してても問題になります。他の勘定科目で計上してても
問題でしょう。



この件は相談しようか迷ってますが、ユウ太を退職へと導いた話です。
ユウ太は8月20日付で退職となりましたが会社から話を持ち掛けられたのは
7月30日です。1ヶ月前ではないのです。まず、それが問題になります。

それと同時に会社から退職の話が出たのに一身上の都合というのは?と
疑問も同時に出てきます。結果的には合意退職になりましたが退職届は
退職日になっても催促されることもありませんでした。ユウ太も会社都合
だと思って出すつもりはありませんでした。渡されたのは9月18日、
ユウ太が退職後も人員の関係でアルバイトとして1ヶ月契約で雇われ
それが終わる日、最終日でした。アルバイト期間中に離職票がほしいと
言うことを話してましたが、その時に離職理由の話が出て、会社都合か
自己都合かということでもめました。会社としてはユウ太が病気で休職して
いた時、就業規則を無視してでも面倒をみてやったという言い分で、
そんなの筋違い、何を言ってるんだと言われました。ユウ太としては会社から
8月20日付で退職してくれと言われたのだから当然会社都合だと思っており、
退職届も会社都合だから出してないと言いもめました。9月18日に渡された
退職届の用紙には退職届出日8月3日、退職日8月20日と書けと言わん
ばかりに鉛筆で下書きされてました。10月6日にエクスパックで会社に送り
ましたが通常の流れではないと思います。

エクスパックで退職届と傷病手当金の写しと挨拶文を送りました。
全て写しを撮りました。挨拶文には退職届を送りましたと書きました。
10月6日と日付も書きましたが写しなので証拠にはならないでしょうが
念のためとっておきました。



最後の件は未だ迷ってますが会社のボロを労働基準監督署に指導して
もらうようにします。


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。